イギリスの高級老舗百貨店のHarrods(ハロッズ)から海外通販を楽しみたい人のための情報サイト

イギリスHarrods(ハロッズ)海外通販ガイド

Harrods(ハロッズ)について

イギリスHarrods(ハロッズ)の歴史

投稿日:

historyofharrds_ハロッズの歴史_ハロッズ_海外通販_個人輸入

Harrods(ハロッズ)の歴史のスタートは紅茶から

紅茶と食品雑貨店から始まったHarrods(ハロッズ)の歴史を紹介します。

1834 チャールズ・ヘンリー・ハロッド氏が、ロンドンのイースト・エンドで食品卸売業を開業する。
1849 現在のHarrods(ハロッズ)がある、ロンドンのナイツブリッジで、紅茶と食品雑貨の小売店を開店する。
紅茶を扱う小さな食料品店からスタート。
1861 ハロッズの経営者が、息子のチャールズ・ディグビー・ハロッド氏に交代。世界的な百貨店への大きな躍進を遂げた立役者。
1883 12月6日に火事で店舗が焼失。このことがきっかけで大規模な店舗に再建する好機となる。
1893-94 レディース・メンズのファッション、レストラン、美容室、銀行、不動産などが加わる。
1898 イギリスで初となるエスカレーターを店内に設置。
1905 大改装により、現在も姿を残すテラコッタのファサードが約11年かけて作られる。
1909 入り口にドアマンが登場。グリーン・マンと呼ばれるようになったきっかけは、ハロッズ・グリーンの服を着ていることからの由来。
1920 ハロッズ・ファクトリーを設立。シューズ、シルバー加工、チョコレートなどの生産を開始。
1921 「くまのプーさん」の作者の息子、クリストファー・ロビンが1歳の時、母親からハロッズで見つけたくまのぬいぐるみを贈られる。これがプーさんのモデルになった。
1949 創立100周年を記念して、オープン当時の食料品店を館内に再現した。
1959 イギリスの百貨店グループ ハウス・オブ・フレーザーに買収される。
1975 元米大統領のロナルド・レーガン(当時カリフォルニア州知事)からの「象を届けてほしい」という注文に応え、実際に子象を出荷。
1989 来店客のサンダル履き、半ズボン着用などでの入店を禁止するドレス・コードを導入。
1991 ロンドンのヒースロー空港内に免税ショップをオープン。2008年にリニューアルされ敷地面積1,000m2になった。
1997 エジプシャンエスカレーターが館内に設置された。2,000万ポンド(1ポンド/170円で約34億円)を投じられた。
2010 世界的に人気のハロッズのアイコニック的存在のクリスマスベアが25周年を迎える。

 

様々な歴史を経て今日までHarrods(ハロッズ)は続いているのです。

これからも歴史を作ってくれることでしょう。

historyofharrds_ハロッズの歴史_ハロッズ_海外通販_個人輸入

-Harrods(ハロッズ)について
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© イギリスHarrods(ハロッズ)海外通販ガイド , 2019 AllRights Reserved.